風邪症状

風邪とは

風邪ウイルス

風邪は、鼻やのどにウイルスや細菌に感染することによって起こります。原因の約90%はウイルスによるもので、残りの約10%は細菌やマイコプラズマ、クラミジアなどウイルス以外による感染と言われています。
細菌とウイルスの違いは、詳細はこちらでは省きますが、大きさ、増殖方法、治療方法が異なります。一般的に抗生剤を使用することが多いのは、細菌によるものです。

風邪のウイルスの数は200種類以上あり、どのウイルスが原因なのか特定することは、一部の特異的な検査(抗原検査やPCR検査)を用いなければ難しいとされます。また、同じウイルスでもさまざまな種類が存在し、それが変異することもあります。コロナウイルスも変異により、デルタ株やオミクロン株などがあることは皆様もご存じかと思います。このため、一度感染したウイルスに対抗する免疫ができたとしても、次々に新しい型のウイルスに感染するため、風邪には何度もかかることがあります

インフルエンザやコロナウイルスは、症状はほぼ風邪と同じですが、一部の特異的な症状があったり、症状が重かったりするため、別物と考えて良いでしょう。それらは検査方法も確立されていますが、その検査でも100%診断できるものではないのが現状です。

風邪の症状・治療

では、ウイルスによる感染は原因が全く特定していないかというとそうではありません。医師は、季節によるものや、蔓延しているかどうか、特定の症状があるか、症状の出現の仕方はどうかなどをたよりに診断しています。
ウイルスは基本的に(ヘルペスなど特定の治療薬がある場合を除き)、自己免疫力にて治癒していきます。ですから、安静にしたり、充分な睡眠をとったりすることで改善していきますので、薬剤は基本的には対症療法といって、咳や鼻水を抑えたり、発熱で苦しいときなどは解熱剤を使用するなどといった対処に使用します。

風邪の症状は、基本的には人体がウイルスや細菌に対抗して起きる症状です。例えば鼻にウイルスが入って増殖したときには、ウイルスを体外に追い出そうとしてくしゃみや鼻水が出たり、気道に起きた場合には痰でまとめて咳で出したりすることです。異物をブロックするために、鼻の粘膜が腫れて、鼻づまりが起きたり、喉が腫れることで痛みを伴うこともその一つです。別項では発熱の説明もしておりますが、多くは風邪などをはじめとしたウイルスなど外敵に入り込まれた体内が、自分の有利な環境で戦えるようにするためにおこる反応です。

風邪症状は治療したほうがいいの?

治療

身体がウイルスや細菌に対して行う手段として、風邪症状が起こると申し上げた通り、最終的に風邪症状の原因の多数を占めるウイルスでは自然治癒・自己免疫によって回復することが多いです。
一方で、一部のウイルスや細菌感染では、抗生剤を含め、薬で有利に治療することもできます。また、咳が酷くてつらい、鼻が詰まって眠れないなど、身体の反応としてあったとしても結果的に患者さんの睡眠不足やストレスの増大につながり、体力の回復に支障をきたす場合もあるため、一概に対症療法は不要であるということはありません。
鼻水、咳、発熱、だるさ、痰、鼻詰まりなど症状が併発していることも多いため、つらい症状には積極的に対症療法をしてよいと考えます。

診療科目
内科、消化器内科、生活習慣病、健康診断、予防接種
住所
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-6-7 セイチビル6階
TEL
03-6276-6233
診療予約について
最寄り駅
新宿駅南口 徒歩1分
診療時間 日・祝
8:30-12:30
13:30-17:30

初診の方 最終受付時間:午前12:15、午後17:15まで
休診:土曜・日曜・祝日